タラバガニとはどんなカニなのでしょうか。 タラバガニは、体全体が大きく、横に膨らんで丸みを帯びた形をしており、全体的に鋭いトゲが多くて足がとても太いのが特徴でしょう。 タラバガニ科タラバガニ属で、実は生物学上はヤドカリの仲間ですが、英語ではred king crabと呼ばれており、日本でもカニ(高級品のイメージがありますが、最近はネット通販などで比較的お手頃価格で買えることもあります)の王様(童話などに出てくる場合には、大抵、悪い人だったり、ほとんど何もしない人だったりしますね)として人気を博しています。 カニの王様と称されるだけのことはあって、タラバガニの足は大振りで身がぎっしりと詰まっていて食べ応え抜群です。 また、繊維質が柔らかくとても甘いのも特徴で、カニを贅沢に思いっきり食べたい時にオススメですね。 同じタラバガニでも、メスよりオスの方が味も良く、身の入りも多くなっていますので覚えておくと良いでしょう。 タラバガニと似た種類で、「アブラガニ」というカニもいます。 見た目はタラバガニとほとんど同じなのですが、身の味はやっぱりアブラガニの方が少々劣りますので、購入する際には要注意でしょう。 ただ、タラバガニの金額は毎年上昇して高級品となっているため、タラバガニの3分の2程度の価格で買う事が出来るアブラガニで我慢する方も多いみたいですー